お客様の声, 家族・シニア, 新着情報, 2014年10月1日水曜日

命の次に大事なものは写真だと思っています

先月はいい写真を有り難うございました。

実は私は写真が大好きです。毎月写真代は約2万円!

特に家内の写真が好きです

他の人たちも結構写っています。

必ずと言っていいぐらい焼き増しをしてお渡しするのが楽しみにしています。

写真を撮らない日は一日もありません、特に幻の写真を撮るのが大好きです。

しかも、すぐに渡しません、1年とか2年とか、月日が経ってから渡します。

まさか、この様子を岡村さんが写していたなんて、、、

と感動の幻のフィルムとしてあつかってくれた時の喜びは、

もうお金の問題ではありません。

写真に値打ちがついたときなのです。

しかし、残念ながら自分の写真がほとんどありません。

そしてこの家内の写真やら全て未来永幸にわたって保存してもらえるかどうかわかりません。

しかし、私は思う事には、

もし、地震や水害、火災があってはいけませんっが、

もし起こったとしたら、何をさて置いても私は写真を持って逃げたいと思います。

東日本大震災で家ごと全てを流されてしまった人々の唯一の手がかりは貴重な1枚の写真だったじゃないですか、

あの時の事を思い出す時、やっぱり写真はいいなーと思うと涙が出ます。

神戸の震災の時の写真館のおやじさんはネガを持って逃げたと聞いた時、

めちゃ泣きました。

命の次に大事なものは写真だと思っています。

いつまでもいい写真を撮りつずけて下さい。

本日は誠に有り難うございました。

  • インスタグラム オフィシャルインスタグラム
  • Youtube オフィシャルYouTube

投稿した日時:2014年10月1日水曜日